ESGへの取り組み環境への取り組み

私たちは、温室効果ガス(CO₂)排出量、エネルギー消費量、水消費量等の目標を設定し、本目標を達成するため、ビルの運用改善及び設備投資、テナントやプロパティ・マネジャー等への省エネ啓発などの取り組みを行っています。

設定目標

■ 温室効果ガス(CO₂)排出量
  • 2030年度までに温室効果ガス(CO₂)排出量(スコープ1,2/原単位)42%削減(2020年度基準)
  • 2050年度までに温室効果ガス(CO₂)排出ネットゼロ(スコープ1,2,3/総量)
■ エネルギー消費量
  • ポートフォリオにおいて、毎年1%の原単位の低減
■ 水消費量
  • ポートフォリオにおいて、毎年、原単位を前年度以下に低減
■ 廃棄物排出量
  • ポートフォリオにおいて、毎年、リサイクル率を前年度以上に改善

パフォーマンスデータ

■ 温室効果ガス(CO₂)排出量
年度 2020
(基準年度)
2021 2022
総排出量(スコープ1,2)
(t-CO₂)
9,292 7,579 7,736
排出量原単位(スコープ1,2)
(Kg-CO₂/㎡)
80.6 58.3 57.4
排出量原単位(スコープ1,2)
増減率(対基準年度)
- -27.7% -28.8%
データカバー率 100.0% 100.0% 100.0%
(注1) 保有物件の共用部における実績値を掲載しています。なお、共有物件については持分割合に応じた数値を集計しています。
原単位は、年間消費量を原単位分母(持分換算後の年平均共用部面積(㎡))で除して算出しています。
■ エネルギー消費量
年度 2020
(基準年度)
2021 2022
総消費量(スコープ1,2,3相当)
(MWh)
69,399 75,074 75,768
消費原単位(スコープ1,2,3相当)
(MWh/㎡)
0.163 0.169 0.165
消費原単位(スコープ1,2,3相当)
前年比
- 103.8% 97.5%
再生可能エネルギー使用量(MWh) 0 4,203 8,830
データカバー率 100.0% 100.0% 100.0%
(注1) 共有物件については、持分割合に応じた数値を集計しています。
原単位は、年間消費量を原単位分母(持分換算後の年平均延床面積(㎡))で除して算出しています。
(注2) 「再生可能エネルギー使用量」は「総消費量」より控除済の再生可能エネルギー由来の電力使用量(再生可能エネルギー証書の購入を含みます。)を記載しています。
■ 水消費量
年度 2021 2022 前年比
総消費量(㎥) 134,147 132,022 98.4%
消費原単位(㎥/㎡) 0.471 0.440 93.4%
データカバー率 65.4% 66.0% 101.1%
(注1) NUDが保有するオフィスビルにおける実績値を掲載しています。なお、共有物件については、持分割合に応じた数値を集計しています。
原単位は、年間消費量を原単位分母(持分換算後の年平均延床面積(㎡))で除して算出しています。
■ 廃棄物排出量
年度 2021 2022 前年比
総排出量(t) 986 992 100.6%
リサイクル率 53.0% 48.7% 91.9%
(注1) NUDが保有するオフィスビルにおける実績値を掲載しています。なお、共有物件については、持分割合に応じた数値を集計しています。

取組事例

■ 照明器具のLED化

環境への配慮及び費用削減の観点から、保有物件の共用部及び貸室等の照明器具のLED化を実施しています。

2023年10月31日現在の導入状況

59物件中 58 物件

■ 節水機器の導入

環境への配慮及び費用削減の観点から、保有物件における節水機器の導入を実施しています。

2023年10月31日現在の導入状況

59物件中 53 物件

■ 再生可能エネルギーの導入

CO₂排出量削減のため、再生可能エネルギーの導入を推進しています。

2023年10月31日現在の導入状況

59物件中 20 物件

■ グリーンリースの導入

グリーンリースとは、建物の賃貸借契約を通してビルオーナーとテナント双方での省エネ・環境配慮を推進することを定める取組みです。本投資法人では、テナントのご理解のもと、テナント専有部照明のLED化等を行っています。

2023年10月31日現在の導入状況

59物件中 10 物件

■ 生物多様性の保全

品川シーズンテラスでは約3.5haの広大な緑地に、地域性を考慮した樹種(オオシマザクラ、コナラ、クヌギ、シラカシ、ヤマボウシなど)を配置し、その樹木構成が野鳥の飛来も促しています。また、トンボや水鳥が訪れることのできる湿生花園も設けています。こうした取り組みにより、品川シーズンテラスは公益財団法人都市緑化機構から、社会・環境に貢献する緑化計画として「SEGESつくる緑」に認定されました。また、安心・安全に誰もが利用できる快適な優れた緑地として、「SEGES都市のオアシス」に2017年に認定され、2020年と2023年の2回再認定されました。さらに、第3回グリーンインフラ大賞(2022年度)の都市空間部門において「国土交通大臣賞」を受賞しました。

物件中  物件

グランパークでは敷地の約60%を緑地とし、建物前面の広場に多様な植栽を施しているだけではなく、建物の周囲全体に豊かな緑を配置しています。2013年に「SEGES都市のオアシス」に認定されて以降3回再認定されています。

物件中  物件

  1. ホーム
  2. ESGへの取り組み
  3. 環境への取り組み

トップへ戻る