ESGへの取り組みグリーンファイナンス

グリーンファイナンスについて

グリーンファイナンスとは、環境に配慮した事業に資金使途を限定して調達される債券(グリーンボンド)や借入れ(グリーンローン)を指す言葉です。

本投資法人及び本投資法人の資産運用会社であるNTT都市開発投資顧問株式会社は、NTTアーバンソリューションズ株式会社が定めるCSRビジョンを基礎とし、事業そのものを通じたCSRの実現を目指しています。また、中長期的な投資家の利益を最優先する観点から、ESGへの配慮の重要性について認識し、不動産投資運用業務の全般において、ESGへの配慮を組み込むため、サステナビリティ方針を制定し、環境および社会へ配慮するための具体的な取り組みを推進しています。

サステナビリティ方針(全文) PDF

グリーンファイナンス・フレームワーク

本投資法人は、グリーンファイナンスにより調達する資金の使途を、環境改善効果を有する事業に限定するために、以下のとおりグリーンファイナンス・フレームワーク(以下「本フレームワーク」といいます)を策定し、本フレームワークに則り資金の調達及び管理を行います。

外部機関の評価

本投資法人は、本フレームワークが

①ICMAが策定した「グリーンボンド原則(2018年版)」
②LMA等が策定した「グリーンローン原則(2020年版)」
③環境省が策定した「グリーンボンドガイドライン(2020年版)」
④「グリーンローンガイドライン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン(2020年版)」
に適合しているか否かについて、株式会社日本格付研究所(以下「JCR」といいます。)からの評価を受け、「JCRグリーンファイナンス・フレームワーク評価」の最上位評価である「Green 1(F)」を取得しています。

JCRグリーンファイナンス・フレームワーク評価

調達資金の使途

本投資法人は、本フレームワークの中で資金使途の対象を一定以上の認証水準を有するグリーンビルディング、一定以上の省エネルギー性を有する物件の2種類としています。詳細は以下に記載する「適格クライテリア」をご参照ください。

適格クライテリア

グリーン適格資産は以下1又は2のいずれかの基準に該当するものから選定されます。

1. グリーンビルディング

下記①~④の第三者認証機関の認証のいずれかを取得済もしくは今後取得予定の物件

  • ①DBJ Green Building認証における3つ星~5つ星
  • ②CASBEE建築(新築・既存・改修)またはCASBEE不動産評価認証におけるB+ランク~Sランク
  • ③BELS認証における3つ星~5つ星
  • ④LEED認証におけるSilverランク~Platinumランク

※上記認証の取得を前提としてBOMA360パフォーマンスプログラム(BOMA360)取得物件を含む

2. 省エネルギー性能

ERR値で30%以上である物件

調達資金の管理

グリーンファイナンスによる手取金は、資金調達後速やかに又は早期にグリーン適格資産の取得資金又は同資金のリファイナンスに充当する予定です。調達資金の充当が決定されるまでの間は、調達資金は現金又は現金同等物にて管理します。

グリーンファイナンスが償還又は返済されるまでの間の残高及び資金使途の対象となる資産の売却又は毀損などにより一時的に未充当資金が発生する場合の未充当資金に係る管理は、ポートフォリオ管理(グリーンファイナンス残高の合計額が、グリーン適格負債上限額(適格クライテリアを満たす資産合計額(取得金額)×総資産LTV)を超えないことを決算期毎に確認する管理方法)を適用します。

レポーティング

グリーンファイナンスで調達した資金の充当状況を当該資金の残高が存在する限り、年次で更新を行います。

(1)資金充当状況レポーティング

グリーンファイナンスで調達した資金の充当状況をホームページ上に開示し、当該資金の残高が存在する限り、年次で更新を行います。

グリーンボンド充当状況

2021年4月30日現在

名称 発行日 償却期限 発行総額
(百万円)
充当額
(百万円)
未充当額
(百万円)
資金使途
第9回無担保投資法人債
(グリーンボンド)
2021/04/27 2024/04/26 2,000 2,000 0 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ、アーバンネット静岡追手町ビル及びアーバンネット静岡ビルの取得に要した借入金の返済資金(その後の借換えによる借入金を含む)に充当
第10回無担保投資法人債
(グリーンボンド)
2021/04/27 2031/04/25 3,200 3,200 0 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ、アーバンネット静岡追手町ビル及びアーバンネット静岡ビルの取得に要した借入金の返済資金(その後の借換えによる借入金を含む)に充当

グリーンローン充当状況

2021年4月30日現在

借入先 借入日 返済期日 借入額
(百万円)
充当額
(百万円)
未充当額
(百万円)
資金使途
- - - - - - -

(2)グリーンファイナンス調達残高レポート

グリーンファイナンスとして調達した資金の残高が存在する限り、年次でグリーン適格資産の取得価格の総額(以下、「グリーン適格資産総額」)、グリーン適格負債及びグリーンファイナンス調達残高を報告します。

2021年4月30日現在

物件名 取得価格
(百万円)
延床面積
(㎡)
DBJ GreenBuilding認証 CASBEE 建築(新築・既存・改修) CASBEE不動産評価認証 BELS認証 省エネルギー性能(ERR30%以上)
ランディック新橋ビル 6,341 6,914.84 - - A - -
ランディック第2新橋ビル 7,045 8,332.65 - - A - -
高田馬場センタービル 5,118 9,906.83 - - A - -
アーバンネット麻布ビル 5,000 6,486.42 - - A - -
グランパーク 11,490 160,042.88 - - S - -
大手町フィナンシャルシティ グランキューブ 4,680 206,107.08 - - - - 該当
品川シーズンテラス 18,720 202,666.94 - - - ★★★★★ 該当
プレミア東陽町ビル 4,310 5,054.32 - - A - -
上野THビル 4,380 4,799.97 - - A - -
五反田NTビル
4,100 7,545.80 - - A - -
上野トーセイビル 5,900 6,868.83 - - - ★★★☆☆ -
アーバンネット池袋 13,600 25,050.26 - - A - -
アーバンネット大森 4,800 11,937.25 - - S - -
スフィアタワー天王洲 15,000 47,151.72 - - S - -
プレミア横浜西口ビル 3,558 7,562.90 - - A - -
NTTクレド岡山ビル 3,600 35,299.51 - - S - -
アーバンネット静岡追手町ビル 1,628 13,817.14 - - S - -
アーバンネット静岡ビル 1,119 8,997.03 - - A - -
アーバンエース肥後橋ビル 4,600 11,561.80 - - S - -
六本木グリーンテラス 4,678 8,332.22 ★★★☆☆ - - - -
プレミアロッソ 1,662 2,487.72 ★★★☆☆ - - - -
プレミアブラン代々木公園 2,330 3,086.04 ★★★★☆ - - - -
芝浦アイランド エアタワー 7,590 81,760.00 ★★★★★ - - - -
芝浦アイランド ブルームタワー 5,500 104,186.74 ★★★★★ - - - -
グリーン適格資産総額 146,749 - - - - - -
保有不動産取得価格総額 261,865 - - - - - -
グリーン適格資産比率 56.0% - - - - - -

2021年4月30日現在

グリーン適格資産総額 146,749百万円
総資産LTV 47.7%
グリーン適格負債額
(グリーン適格資産総額×総資産LTV)
69,956百万円
グリーンファイナンス調達残高 5,200百万円
内、グリーンボンド調達残高 5,200百万円
内、グリーンローン調達残高 -百万円

グリーンボンド

名称 発行額
(百万円)
利率 発行日 償還期限 資金使途
第9回無担保投資法人債(グリーンボンド) 2,000 0.060% 2021/04/27 2024/04/26 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ、アーバンネット静岡追手町ビル及びアーバンネット静岡ビルの取得に要した借入金の返済資金(その後の借換えによる借入金を含む)に充当
第10回無担保投資法人債(グリーンボンド) 3,200 0.500% 2021/04/27 2031/04/25 大手町フィナンシャルシティ グランキューブ、アーバンネット静岡追手町ビル及びアーバンネット静岡ビルの取得に要した借入金の返済資金(その後の借換えによる借入金を含む)に充当

グリーンローン

借入先 借入金額
(百万円)
利率 借入日 返済期日 資金使途
- - - - - -

(3)インパクトレポーティング

  • グリーン適格資産の物件数
  • 取得資産の環境認証数・種類・認証レベル
  • グリーン適格資産に関する以下の定量的指標
    (本投資法人がエネルギー管理権限を有している範囲で開示)

エネルギー消費量
CO2排出量
水消費量

インパクトレポーティングについてはこちらをご参照ください。

  1. ホーム
  2. ESGへの取り組み
  3. グリーンファイナンス

トップへ戻る